沖田くんの禁パチ継続×2ブログ

パチンコ依存症の沖田くんがパチンコやめるためにブログします

(禁パチ23日目)昔やった禁パチシリーズ:低レート&ゲーセンパチ

 昔やった禁パチシリーズ。

f:id:okita-kun:20210823224217p:plain

 引き続き、以前やった禁パチシリーズです。

 

 

1.低レート&ゲーセンのパチンコに切り替える

 4ぱちでなく、低レート(1ぱち、0.5ぱち)やゲーセンのパチンコに切り替える。

 これは禁パチになっているのか? と思いますが、釣りやゲーム程じゃないですが、稀に禁パチサイトに載ってるやつです。

 理屈としては、低レートやゲーセンだと、やってて虚しくなるから、とか儲けが少ないor無いから徐々に辞められるって奴ですね。

 

2.垣根がとてつもなく低い

 ゲーセンのパチンコのやり方がよくわからないので、まずは低レートの1ぱちにしました。

 1ぱちで勝っても1万発は1万円にしかならないし、逆も然り相当負けても1万円台で済むでしょう。最悪1ぱちを辞められなくて続けても、以前の負け額の1/4なら金銭的に楽になる。

 そんな感じで1ぱち縛りで禁パチならぬ抑パチ? を行いました。

 まぁ、結果はもう最初からある程度分かっていました。そう、これは結局1ぱちで負けた後に4ぱちに行くだけの行為なのです。

 こんな分かりやすい結末は無いでしょう。正直、これで成功した人居るのでしょうか? 多分ゲーセンでも同じ結果だと思います。

 1ぱちで1万円負けました。これを1ぱちでリカバリーしようと思えば辛い…でも4ぱちなら甘デジでも取り返す可能性は十分あるのでは? なんて考えたらおしまいですね。

 だって1ぱち専門店なんてあまり無いです。概ねホールの一部にちょっと設置してあるだけで、周りには4ぱちの島ばかり。仮に専門店があっても、概ね近くに4ぱちの店があります(大体グループのホールの側にありますよね)。

 なので、レートを上げる垣根は物凄く低いのです。負けて理性を逸してる状況で、それを自制することは極めて難しいでしょう。

 

3.そもそもパチ屋に行くこと自体ダメ

 ということで、無理でした。

 そもそもこれは抜本的な解決にならないと思います。

 パチンコ辞めるのはお金の問題もそうですが、休日の大半をパチ屋で過ごしてしまう、ということも重要だと思います。だから、そもそもパチ屋はいくべきじゃないんですよ。

 そこんとこは基礎の基礎ですね。

 パチ屋に行ってしまった時点で、すでに蟻地獄の罠にはまってるのですから。